不定期日記

28
ノート

2019/11に読んだ本

ひとりで学べる社会統計学

日比谷図書文化館で借りた。きっかけは社会学や、関連する統計学について母集団や標本数やらの表現や扱い方、例について知りたかったから。t分布やポアソン分布ぐらいまでの内容を扱う初歩的なもの。母集団そのものの推定か、標本だけの推定なのか気になるネットでの記事などを読むときに役に立つようになった。

Dr.STONE

https://dr-stone.jp/

アニメが面白い

もっとみる

iPhone 11 Proを買った

ある日、iPhone Xのカメラの様子がおかしい。撮影するものにもやのようなものがかかっている。

画像はブロックスというゲームをプレイ結果を撮影したもの

撮影した画像全体が2010年代前半の古びたガラケーのような撮影状態になっている。なぜだろう?と思いiPhone Xのカメラを確認してみる。すると水滴が入っていた。

Face IDも反応しなくなっちゃって、慌ててGenius Barに駆け込ん

もっとみる

日本百名山の一つ磐梯山に登った

株式会社ピースオブケイクの登山部にて、磐梯山に登ろうって話があがった。山に登って紅葉を見たいと思っていたので参加させてもらった。登山の記録として記事に起こしておく。

磐梯山について

磐梯山(ばんだいさん)は福島県耶麻郡猪苗代町、磐梯町、北塩原村にまたがる山である。会津盆地側からは、綺麗な三角の頂が見えることから会津富士(あいづふじ)、あるいは民謡にあるように会津磐梯山(あいづばんだいさん)とも

もっとみる

2019年10月に読んだ本

近代絵画史(上)

読むことになったきっかけは、noteにアカウントを登録している美術史たんbotさんがTwitterアカウントで呟いていた、美術史を知りたいのであればこの本を読めという内容が目に入ったので読んでみた。

マネやモネ、ゴッホなど印象派が成り立つ前後についての美術史が書かれている。印象派が世間に認められるまでの間の画家たちが運営していたサロン、残した作品に対する評価がまとめられている

もっとみる

サウナセンターに行った記録

週末サウナセンターに訪れる機会があったので行ってみた。サウナセンターとは東京・鶯谷にある銭湯・サウナ・食堂やカプセルホテルなどが含まれている複合施設である。再度入るときにオペレーションを忘れないように、そして感じたことを忘れないようにnoteに記載しておく。

───────

サウナセンターは平日1,200円で3時間楽しめることが出来る。土日は8時間1,800円で楽しむことができる。※2019/

もっとみる

"最底辺のポートフォリオ 1日2ドルで暮らすということ"を読んだ

日比谷図書文化館を訪れる機会があり、図書館員おすすめコーナーを何気なく見ていみたら気になる本がピックアップされていた。最底辺のポートフォリオをという題で、本のページをめくってみたところ、インド・バングラデシュ・南アフリカの貧困世帯について参与観察に近い方法で調査員が調査に訪れ、家族構成や誰にお金を貸したのかなど、バランスシート・キャッシュフローを記し調査を行っている内容であった。内容に興味が湧いた

もっとみる

人生で初めてボトルキープをした

ボトルキープ、今まで人生でしたことがなかった。される側であったことはあった。「俺の名前で入れてあるから飲んでていいよ」って言われることがあってなんとなく飲みに行くきっかけになった。

年齢はすでにアラフォーに達している現在、ボトルキープする側になってみたいと普段から思っていた。常連という店を持ちたいという思いも強くなった。そして、先日ボトルキープをすることができた。

銘柄はクライヌリッシュ。同席

もっとみる
💖💖💖
13

赤羽の丸健水産でおでんのだし割を味わう

9月のある週末。原宿で遊んだ後午後に時間が余ってしまった。どうしようかと皆で思案していたところ、とあるnoteの記事を思い出したメンバーが丸健水産に行こうと提案した。その記事はこちら。

異論なしということで赤羽に向かうことにした。30分ほどかけて赤羽に到着し、おでんのダシ割りを提供している丸健水産を目指して歩く。

赤羽東口を出て赤羽1番街を目指す。まるます家など有名なお店が並ぶ場所である。赤羽

もっとみる

2019年9月ごろに読んだ本

2019年9月ぐらいに読んだ本についてメモっておく

岩田さん: 岩田聡はこんなことを話していた。

任天堂の元社長、岩田聡さんが生前語られていた内容を編集して、収録した内容。日本を代表するゲーム会社である任天堂の社長に就任後、なぜ社長になったのか。ゲームを遊んでもらうにはどうするか。どう人にわかってもらうのか。といったテーマに沿ったインタビューが大変読みやすい文体にまとめられている。岩田聡さんっ

もっとみる

三体を読んだ

三体という中国人作家が発表したSF作品。三部作のうち邦訳版第一部が2019年7月に発売された。で、周りで読んだ人がで始めていたりネットを見ている限り中国にまででかけて本国で発売されている中国語版の三体を手に入れるなど面白そうだな〜という雰囲気がネットを通じて流れてきた。SF小説を久しぶりに読みたくなった気分になったのでKindle版をぽちって、三連休を使って読みふけった。

時代背景は過去と現代を

もっとみる