不定期日記

22
ノート

人生で初めてボトルキープをした

ボトルキープ、今まで人生でしたことがなかった。される側であったことはあった。「俺の名前で入れてあるから飲んでていいよ」って言われることがあってなんとなく飲みに行くきっかけになった。

年齢はすでにアラフォーに達している現在、ボトルキープする側になってみたいと普段から思っていた。常連という店を持ちたいという思いも強くなった。そして、先日ボトルキープをすることができた。

銘柄はクライヌリッシュ。同席

もっとみる
🐬
13

赤羽の丸健水産でおでんのだし割を味わう

9月のある週末。原宿で遊んだ後午後に時間が余ってしまった。どうしようかと皆で思案していたところ、とあるnoteの記事を思い出したメンバーが丸健水産に行こうと提案した。その記事はこちら。

異論なしということで赤羽に向かうことにした。30分ほどかけて赤羽に到着し、おでんのダシ割りを提供している丸健水産を目指して歩く。

赤羽東口を出て赤羽1番街を目指す。まるます家など有名なお店が並ぶ場所である。赤羽

もっとみる
🍣
9

2019年9月ごろに読んだ本

2019年9月ぐらいに読んだ本についてメモっておく

岩田さん: 岩田聡はこんなことを話していた。

任天堂の元社長、岩田聡さんが生前語られていた内容を編集して、収録した内容。日本を代表するゲーム会社である任天堂の社長に就任後、なぜ社長になったのか。ゲームを遊んでもらうにはどうするか。どう人にわかってもらうのか。といったテーマに沿ったインタビューが大変読みやすい文体にまとめられている。岩田聡さんっ

もっとみる
今日はあなたは大吉です
8

三体を読んだ

三体という中国人作家が発表したSF作品。三部作のうち邦訳版第一部が2019年7月に発売された。で、周りで読んだ人がで始めていたりネットを見ている限り中国にまででかけて本国で発売されている中国語版の三体を手に入れるなど面白そうだな〜という雰囲気がネットを通じて流れてきた。SF小説を久しぶりに読みたくなった気分になったのでKindle版をぽちって、三連休を使って読みふけった。

時代背景は過去と現代を

もっとみる
🍣
5

桃を切ってモッツァレラチーズをちぎってオリーブオイルを絡めて山椒をかけて食べる

同僚のツイートに他の同僚が反応しているツイートがあった。ツイートが私のタイムラインの目に止まった。

聞いてみたところ、元ネタとなるレシピを同僚が教えてくれた。

早速スーパーに行って、材料を買ってきた。

そして、桃を切り、モッツァレラチーズを手でちぎって載せ、オリーブオイルをかけて、山椒をのせてみた。

初めて食べる桃とモッツァレラチーズとその他を和えたものは、モッツァレラチーズの乾いたような

もっとみる
💪
11

映画: シンクオア・スイム イチかバチか俺たちの夢

http://sinkorswim.jp/

フランス映画、シンクオア・スイム イチかバチか俺たちの夢 (原題 Le grand bain)を観た。

・IMDB: https://www.imdb.com/title/tt7476116/
・分類: コメディ映画

主人公は家庭を持ち、子供もいるがうつ病を発症したため満足に働くことができず、自分の立ち位置に悩んでいる毎日。そんな中、プールにあった

もっとみる
😆
3

鎌倉で写真撮影 2019/6/29

前職の同僚にお誘いをいただき、北鎌倉より鎌倉駅、江ノ島を散策しながらカメラを用いて写真を撮影していた。RX 100Vを購入してから5ヶ月近く経っているのだが、同行したプロ活動をしているカメラマンの方からアドバイスをいただき、カメラの設定を雨の日に最適な形に設定してもらった。私はまったくカメラの設定を使いこなせていないことがわかった。デジタル一眼がほしいとか考える前に、今持っているカメラの性能と機能

もっとみる
🍻
11

5/5

肉を食べたり、久しぶりに会う人と話をしていた。屋上を使える場所で、当日は天気も良く最高な感じだった。

知ってる人も知らない人も混じっていたが、楽しかった。良い日だった。

🍣
1

モデリングと3Dプリントを体験する farmtory fab Day #10

framtory-labの設備を使った体験会が2019/2/11に行われた。体験会の中でfusion 360を使ってモデリングを行い3Dプリンタを使ってモデリングしたデータを3Dプリントしてみた。3Dプリントを体験し、デザインルールを学ぶ内容である。私にとって未体験のモデリング作業を行うため、ドキドキしながら進めた。

デザインルールを学ぶ

今回の体験会の目的は、3Dプリンターであれば印刷できる

もっとみる
🐬
8

バッドアート美術館の作品を鑑賞した記録

2018年11月から、2019年1月まで、バッドアート美術館展が開催された。

バッドアート美術館はボストン近郊にある美術館で、価値を持たないと市場から判断されている絵画を収蔵している。美術館創設のきっかけはゴミ箱に捨てられていた絵画にあった額縁が欲しくなったが、よくよく絵画を見てみると絵画もよいのではないかと評価を改めたことがきっかけだそうだ。バッドアート美術館 (日本語版wikipedia,

もっとみる
🍣
8