映画: シンクオア・スイム イチかバチか俺たちの夢

http://sinkorswim.jp/

フランス映画、シンクオア・スイム イチかバチか俺たちの夢 (原題 Le grand bain)を観た。

・IMDB: https://www.imdb.com/title/tt7476116/
・分類: コメディ映画

主人公は家庭を持ち、子供もいるがうつ病を発症したため満足に働くことができず、自分の立ち位置に悩んでいる毎日。そんな中、プールにあった男性シンクロナイズドスイミングのメンバー募集の掲示を見て応募し、仲間と共に生活や個人的なイベント(家庭内問題や近所とのトラブル、仕事など...)を乗り越えていく話。

映画はコメディとなっていて、基本楽しく、面白いものとして作品を受け取ると良いのだけど社会風刺の意味合いもあってフランスも日本のような問題を抱えているのだなという感想を持った。例えば壮年や中年時の生活事情に関する問題。これは住宅ローンや結婚などにあたる。あとは離婚したあとの娘との関係性。親戚家族との人間関係。など。

あくまで話は創作であって、元にした話はあるが、映画にあるような話は本当にあった話ではない。その上で映画から受けた感想は生きるための支えとなるのは何かしらの目標が必要で、生きていても周りの時間や自分の時間は高速に流れたり、急に調子が良くなったりすることでもないので積み上げていくしかない。という考えに至るような訴えが含まれている映画であった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事を読んでいただき、ありがとうございます。うれしいです😊

👍
3
いつも学ぶことだらけ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。